植物(園芸、アグラオネマ)、写真、猫、雑多なコト...etc

えはぶろ|植物.写真.猫.雑多なコトなど

Aglaonema アクアリウム 葉っぱ

アグラオネマの仕立て

ちょっと今日は下の青空写真とは裏腹にテンション低めの中の人です。


本日ようやっと週末の休みということで日中はイロイロと園芸用品の仕入れに出かけました。
イキナリの冷たい冷たい暴風雨に見舞われたり、かといってその後キラキラに晴れたり変な天気でしたね。

夕方は水槽のメンテ色々とこなして数時間を溶かしました。

定期の水換えだけならRO水も汲み置きがあるので時間は必要なかったのですが、
後景の有茎が伸び放題だったのと、リリィパイプがドロドロになっていたのが気になって気になって。


先ほどアグラオネマカーティシーとバイカラーの仕立てを行いました。


バイカラーの状態は物凄く上々。根っこもすごく逞しい。


バイカラー4号鉢に仕立て完了。

ついでに先日購入したピプトスパサ・リドレイも仕立てました。

1つは2.5号鉢に仕立て。1つは溶岩石にくくりつけて水槽に。頑張ってほしい。



カーティシーも仕立てました。鉢は4.5号です。のっぴさんやレオンさんに習って6号鉢との間にバーグを入れて隙間調整。


美しい・・・。

と、ここでインスタグラムにカーティシーの葉の状態が良くない旨を写真掲載していたのですがそれを見てのっぴさんよりアドバイスのツイートを頂戴しました。
『その葉はいずれ枯れると思うので、元株の負担にならないよう今のうちに落とすことも考えた方が良い』
↓当該の葉っぱ状態

テンション↓な理由はこの葉について悩み、苦渋の決断をしたからです。
我が家に到着時には確かに葉がビショってたのですが、そこで私が養生させた時にかぶせたビニールが悪いんじゃないかと。
これが当該の葉にベターっとくっついてたんです。

輸送で48時間。(←ヤマト運輸配達忘れてたりとか担当替わってからダラシネェ。ホント許せねぇ)
家に来てさらに48時間。びっしょびしょ。

結果、スーパーでよく見る『葉が透けてしまって痛んでいるレタスの外側葉』みたいな状態になったと予想してます。
見てみぬフリしつつ仕立てたのですが、赤い汁が出てたり黄ばんだり、黒ずんだり、折れたりした痛みが酷い葉は見過ごせず。
アドバイスも頂いていたので長考。

結果、大元のイモ株が大事という結論に至り、特に痛みが酷い葉3枚を切りました。
ただ、既に仕立て済みだったのでまた引っこ抜く根性はなく、根元に近いところで剪定しました。

合掌。

その後は夜もふけてきたのでさっさと作業を進めました。

ちゃんと植木鉢に仕立てると凛とした姿になりますね。
カーティシーは水槽には入れず、ビニールだけかぶせたいのでアタッチメント装備。


30C水槽は背が低い葉っぱならば入れておけばいい感じで水上葉育成ができそうです。
バイカラーはちょっとでかくて葉が蓋にくっつくので透明の痛みが出ないかとても心配です(蒸れ?)
ライト点けてみたらいい感じでちょっとうっとりしちゃいました。
カーティシーは葉が3枚に減ってしまったけど、まずは根付いてくれる事を祈りつつ。

どの鉢も用土は底から、
軽石中粒:ミリオンA:ゴールデン粒状培養土(野菜花用):バーグで比率はおおよそですが
1:0.5:7.5:1にしてます。

初歩の初歩ミスをしてしまいましたが、今後の糧と経験になりました。
ラーニングしましたし、さぁ、春には新芽が出てくることを願って育成頑張りますよー!

-Aglaonema, アクアリウム, 葉っぱ

Copyright© えはぶろ|植物.写真.猫.雑多なコトなど , 2019 All Rights Reserved.