植物(園芸、アグラオネマ)、写真、猫、雑多なコト...etc

えはぶろ|植物.写真.猫.雑多なコトなど

Aglaonema 園芸 葉っぱ

某便の3月便が溶けるまで(2013/7/20追記アリ)

えはぶろをご覧の皆様
(゚Д゚)ノ いつもありがとうございます。

この記事を書くか正直悩みました。
備忘録程度に。

3月便として購入した根塊はカチっとしていた棒オネマ
Aglaonema Pictum Toricolor from North Sumatra alt 600~800m【Kn】
ですが、絶賛溶けまくりで残り2センチです。
もうだめじゃね?って感じで購入から4か月経過して溶けまくってます。

・購入したばかりの3月16日
写真 2013-03-16 15 35 34
タケノコステンバーイで期待はできる

・挿し木用土にぶっさして暗所養生を経て5月4日の状態
写真 2013-05-04 10 54 34
すこーし発根。溶け無しで頂点に脇芽の気配アリ。

・5月29日
写真 2013-05-29 20 49 33
脇芽が2つ確定。購入から約2か月経過で溶け無し。
普通なら養生が終わって勢い出てくる感じですね。

・6月19日
写真 2013-06-19 23 22 19
脇芽グイグイキテマス。周りの3月便が溶けている報告をよそに順調に見えます。
乾燥気味のミズゴケ植えで管理。
気温も上昇して6月便が入荷したあたりですね。

・7月8日
写真 2013-07-08 21 45 08
乾燥しきって安定していた頂点に溶け発生確認。
溶け部分をこそぎとっていたらボロっと倒れた。
発根沢山、タケノコも順調だったのに完全にトロケ。
溶け確認の48時間前にミズゴケがカラカラだったので水やりしています。
コレがトリガーとなったのか?
この当時、東京は連日気温35度程度の猛暑。
ケース内はMAX33度、夜間は26度で管理。他株はスイッチ入って成長期。
暑さと水分がトリガー?

・溶け確認時対処
写真-2013-07-08-22-00-50

写真-2013-07-08-23-04-06
消毒したカッターでカット後、挿し木用土に茎伏せと挿し木。

・7月16日
20130716-IMGP4522

20130716-IMGP4523

20130716-IMGP4521
茎伏せしたものは2日で溶けたので土ごと除去。
16日に残った茎の気中部も溶け続けてたのでカットからの切り口にトップジンMを塗り塗り。

・7月17日
写真なし(撮る必要無い)
トップジンMを塗った部分が溶けてるのを確認したのでさらにカット。
残り2センチ程度。
今度は切り口を一晩乾かしてから、挿し木用土に埋没させずに転がして放置決め込みます。

茎だけになったKN便は非常に難しい印象です。
他便の株はカットしても溶けてませんし、発根速度も速く順調そのもの。

巷で良く溶けると評判のKN便ですが、養生終わってさぁ落ち着いたな。
おっ!発根!おっ!新葉展開!3枚出たよー!
と言う感じで、購入当初の不安が安堵に変わり、期待に遷移した頃に


ワンツードーン!!!
はぁぁぁぁぁぁぁぃ!ドン君でぇぇぇぇえっぇぇす!!
20060114010709

ってな勢いで溶けはじめるので、上流工程~中流工程での根本的な管理の問題がアリ、下流行程の我々ユーザーにとっては辛い状態で入手しているのだろうと思いました。

※魂の本音
対価を払ってこの結末に至り、加えて採集者が購入者や卸先に対してアレじゃあ、各方面から猛烈な反発があるのも自然ですし理解できますね。
葉の柄は良いのが多いのに非常に勿体ない。
貴重なワイルドオネマが乱獲されてゴミにされているイメージ。

この2センチから復活はまず無いと思っているので、
希望を持つこともしないでおきます(下唇噛みしめながら)

最後に。
ドンくん知ってる人はボクと年が近い人だと思います。
まる。


2013/7/20:追記
本日残りの2センチが完全にトロケロストしました。

pc_dc52187a837f8c43b414af3c2c07cc80
実にムダな4ヶ月間であり、実に無駄な金を使ったと思います。 が購入したからこそ経験できたトロケロール。
もうゴメンですけどねw 残った2月便はこのまま水挿しで復活を企みますが期待しないで行こうかと。

-Aglaonema, 園芸, 葉っぱ

Copyright© えはぶろ|植物.写真.猫.雑多なコトなど , 2019 All Rights Reserved.