Aglaonema.Cutiisiiがピンチ?

11月下旬にタイからやってきたアグラオネマ・カーティシーを仕立てて1週間経過しましたが、ちょっと先行きが不安であります。
ロストする可能性も見えてきてしまったので今のうちに写真残しておかねば(汗




仕立て当初にダメージが軽かったので残していた葉ですが、黄変及び、透けの症状が進んでしまったので早めにカットしました。
葉っぱの残りがこれで2枚に(ガクブル)





残った葉の一番色がしっかりしてる葉も地味にダメージがあり一部茶色になってて注視してました。
昨日葉裏をみたら透けが。この葉もいずれは落ちるな、、、、。って個人的見解です。





ここまでの撮影データ:PENTAX K-5 + SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO

普段はホットカーペットの上に置いて、ビニール袋をかぶせて保温と保湿しています。
が、水やりについてがなんとも加減が分からないです。

温度が足りないのか?水をあげすぎなのか?って部分が特に不明です。
現状毎日霧吹きを十分にして用土は湿り気が残るようにしてますが、いかがなものなのか。。
水槽ケースに入れた葉っぱ達にも毎日霧吹きたっぷりと同じ事をして絶好調なのですが。
水加減についてお知恵を拝借できないでしょうか?

憧れの大好きなカーティシー、、。
頑張って根付いて復活してよね・・・。


撮影データ:PENTAX K-5 + PENTAX FA50mmF1.4

ブログランキング
feedlyでえはぶろを購読
follow us in feedly
2012-12-09 | Posted in Aglaonema, 写真, 葉っぱ4 Comments » 

関連記事

コメント4件

 けんzy | 2012.12.09 16:57

葉の元気がなくなると、自分のせいだと色々と悔やみますよね。
魚もそうですが、やはり自分のもとに招いた以上、
責任持って育てたいし、自分も長く楽しみたいし。

カーティシー、かっこいいです。
根付いて、長く楽しめるように願ってます♪

 eheim009 | 2012.12.09 23:11

>けんzyさん
水草なら手馴れてる部分もあるので放置放置。いつか生えてくるっしょ。とか構えられるのですが
何分初心分野の熱帯植物なのでなかなか戸惑いますね。イロイロ調べてると観葉植物の場合植え替え後は用土に派手な水分は要らず
葉っぱには霧吹きをこまめにとなんだか難しいことが書いてあるのですが、先人の方々の教えに則ってこまめ霧吹きで凌ぎつつ
保温と保湿で絶えてみます。
根付いちゃえばこっちのもんですからね(強気

 SZDYOUTA | 2012.12.10 0:36

薄い色をしている葉っぱの方は新芽ですかね?そっちの方がしっかりしていれば、問題は無いかと思います。
溶けかけた、落ちることが確定しているような葉っぱはカットした方が草体にもダメージを与えないんですが、まだ葉に元気がある内にカットしてしまうとそれもダメージを与えてしまうという…
難しいですが、「もうこりゃダメかもわからんね」みたいになるまでは放置でも良いかと思います。我が家でも基本的に、黄色く変色した後、葉が萎び始めて来てようやくカットしてます。
初めての水上?ですので余り気負わずに、カーティシーには悪いと思いますが実験をするような意気込みで挑戦した方が良いかと…
長文失礼しました^^;

 eheim009 | 2012.12.10 11:00

>陽太さん
アドバイスありがとうっす!!
薄い色のはおそらく新芽だと思うっす。最後の砦w
写真を見返してみるとご指摘の通りいささかカットするのが早すぎた気もしやす。
切っちゃったものは戻ってこないけど、、、いや早すぎたよ。うん。ってなもんで古葉の経過は
さらにジックリ我慢強く見守ろうと思います。
んー。実験するには高くついちゃう葉っぱだなぁ・・・(涙